スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
vi-タブ表示制御
2012-01-29 Sun 17:34
ようやく普段の業務もピークを越えて、
一段落した感じです。

そんなことでちょっとviの設定変更してみました。
普段電車の中でコード書いてるときに、
どのタブを表示しているのかがはっきりと分からない。
ってのが問題なのかなぁと感じています。

そこで調べているとタブの表示もいろいろと出来るということがわかりました。
そこで、なのは以下のことをやりたいということで設定をしました。

どうしても選択したタブをハイライトにすることが出来ず、
断念したの。これはリベンジするの♪
set guitablabel=%N:\ %{MakeTabLine()} "タブの表示内容制御(後述)
"---------------------------------------------------------------------------
"set guitablabe の設定
"---------------------------------------------------------------------------
function! MakeTabLine()
" タブで表示する文字列の初期化をします
let l:label = ''

" タブに含まれるバッファ(ウィンドウ)についての情報をとっておきます。
let l:bufnrlist = tabpagebuflist(v:lnum)

" 表示文字列にバッファ名を追加します
" パスを全部表示させると長いのでファイル名だけを使います 詳しくは help fnamemodify()
let l:bufname = fnamemodify(bufname(l:bufnrlist[tabpagewinnr(v:lnum) - 1]), ':t')
" バッファ名がなければ No title としておきます。ここではマルチバイト文字を使わないほうが無難です
let l:label .= l:bufname == '' ? 'No title' : l:bufname

" このタブページに変更のあるバッファがるときには '[+]' を追加します
for bufnr in l:bufnrlist
if getbufvar(bufnr, "&modified")
let l:label .= '[+]'
break
endif
endfor

"%N:インデックス、%t:ファイル名、[+]:更新
"ex] 1:vimrc[+]
return l:label
endfunction
スポンサーサイト
別窓 PC コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
 MHP@kai 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。