スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
CentOS6-MySQLのインストール~設定(日記篇1)
2011-10-10 Mon 23:48
Zabbixのインストールをしようかと思ったら、
どうやらデータ管理をMySQLでやっているようで、
MySQLのインストール手順を先に調べました。

この記事を書くにあたって
またソースからコンパイルしようと試行錯誤挑戦していたのですが、
幸か不幸か良い記事を見つけました。
なんとMySQL社?が
 『MySQLのLinux-IntelバイナリおよびRPMリリースは最高速度に設定されています。
  弊社では常に高速で安定したコンパイラの使用を心がけています。 』
って....、すごぃ(;゚д゚)ゴクリ…

そしてもっと早くにこの記事に出会えていたら…、
ソースからコンパイルする記事を書きながら、
起動テスト段階までコマンド書いてたのに(´・ω・`)

それにしても MySQLのRPM多すぎて、
過不足がありそうで怖いの。

mysql-libsがデフォルトインストール済でアップロード処理に失敗してました。
どうやら"postfix"で使用してるらしく、迷いましたが削除しました。
"postfix"も同サーバで使用する場合にはちょっと考えた方が良さそうですね。
と思っていたらさっそく、mailコマンドが実行できなくなっていたので、
来週あたりにつぶします。

あと、expect&sendコマンドについても調べました。
決めうちの質問&回答を事前に用意することで、
手動入力も強制的に自動入力に変更(`・ω・´)シャキーン

更に、SELinuxについてもちょっと調べたのでφ(・д・`)メモメモ...
/var/log/messagesファイルにSELinux系のエラーログが吐かれるようになったら、
VNCなり、実機で"SELinuxの通知"を確認する。
対象のセキュリティコンテキストを確認し、許可すれば良いとのことだったが、
よくわからなかったので、今回は挫折(´・ω・`)
今回はmessagesログからallow許可設定を作成してくれる
audit2allow -i /var/log/messages
で逃げました。
環境構築後ということで、不正なアクセスもないので、必要なアクセス権を付与してくれている"はず"。
ログから作成するので、予期せぬ許可パターンも出て来そうなので、本来ではないです。
知識をつけて出直してきます、以下φ(・`д´)メモメモ...
例)[ソース]に/usr/sbin/mysqldと記載があった場合
ls -Z /usr/sbin/ | grep mysqld
-rwxr-xr-x. root root system_u:object_r:mysqld_exec_t:s0 mysqld
-rwxr-xr-x. root root system_u:object_r:bin_t:s0     mysqld-debug

(下のファイルに詳細を記載すればよいらしい)
/etc/selinux/targeted/contexts/files/file_contexts
(雰囲気的には下記コマンドで良さそうだが、不明。
そもそも allowコマンドって何だろ( ・ω・)モニュ?)
allow mysqld_t kernel_t:system {module_request}

とりあえず、SELinux のO'Reilly本でも買ってきますか。
積本になりそうですが、MBAも買ったので、
外で本読みながらいろいろ作業してみたいですしね。
そもそも3連休ほとんど家出てない事の方が大問題orz

※MySQLの接続テストでその場で直接接続できるコマンドなので、
便利だからメモしておくの
/usr/local/mysql/libexec/mysqld --user=mysql --basedir=/usr/local/mysql --datadir=/usr/local/mysql/data

PHP同様にコマンド篇については、別記事にするの。
また、Postfixの調査もあるので、ちょっとかかりそうなの(´・ω・`)
だんだん、1つ1つが大掛かりになってきて
更新も一苦労になりつつあるの...。

DLサイト
MySQL :: Download MySQL Community Server
 > Select Platform:[Source Code]
  > Linux - Generic 2.6 (x86, 32-bit), RPM Package Development Libraries
  > Linux - Generic 2.6 (x86, 32-bit), RPM Package Client Utilities
  > Linux - Generic 2.6 (x86, 32-bit), RPM Package MySQL Server
  > Linux - Generic 2.6 (x86, 32-bit), RPM Package Shared components
http://dev.mysql.com/downloads/mysql/

参考サイト
MySQL :: MySQL 5.1 リファレンスマニュアル :: 2.13.1.2 Linux バイナリ ディストリビューションの注釈
 ソースよりもRPMが1番という内容が記載されています。
 ttp://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/ja/binary-notes-linux.html
mysqlのエラーログの場所メモ - うまい棒blog
 エラーログの記載方法について記載されています。
 ttp://d.hatena.ne.jp/hogem/20080706/1215320106
MySQLのインストールと管理メモ | Netsphere Laboratories
 SQLの設定ファイルについて記載されている
 ttp://www.nslabs.jp/mysql.rhtml
MySQLのログファイル:老プログラマーの備忘録:So-netブログ
 my.cnfの詳細な設定について記載されています。
 ttp://a-programmer.blog.so-net.ne.jp/2007-09-15
Manager of pid-file quit without updating file. - あるシステム管理者の日常
 MySQLの直接起動コマンドについて記載されています。
 ttp://d.hatena.ne.jp/rougeref/20101115
MySQL の公式 RPM を使おう | Carpe Diem
 RPMについて記載されています。
 ttp://www.sssg.org/blogs/naoya/archives/1724
MySQL 5.1 on Cent OS 5.3 - K blog
 RPMについて記載されています。
 ttp://www.kazu.tv/blog/archives/000770.html
MySQL5.0のインストール(RPM) - satospo
 RPMについて記載されています。
 ttp://satospo.sakura.ne.jp/blog_archives/tech/centos/mysql50rpm.html
Expect の使い方
 expect&send の使い方について記載されています。
 ttp://blog.majide.com/2006/01/how-to-use-expect/
関連記事
別窓 PC コメント:0 トラックバック:1 ∧top | under∨
<<MBA-初期設定 MHP@kai MacBookAir購入なぅ>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
最初にLAMP環境を目指して環境構築を進めていますが、 単体での動作もしておりません。 また、セキュリティ等多々問題があるかもしれませんが、 その点につきましては勉強中ということもあり、 生温かく見... …
2011-11-13 01:36 MHP@kai
∧top | under∨
 MHP@kai 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。